猫の膀胱炎、こんな症状には要注意!!

膀胱炎の症状09猫のかかりやすい病気には、

排泄関係の病気や、腎臓病、消化器系等の病気が多くあります。

 

中でも、腎臓病と膀胱炎は、

かなり猫にかかりやすい病気と言えます。

 

今回は、ご自分の猫が膀胱炎ではないか?

と思った時に役立つ症状を見ていきたいと思います。

			
スポンサードリンク

/center>

猫の膀胱炎とは?

 

膀胱炎の症状05

 

そもそも、膀胱炎は、

人間の女性にも多く発生する、

尿道から、最近が入り込み、

膀胱の内壁の粘膜に炎症を起こす病気のことです。

 

猫の場合は、オス、メス関係なくかかりやすい病気ですね。

 

猫と長年一緒に暮らしている方なら、

お分かりと思いますが、

調子が悪いときは、

一日中寝ていて、一緒に遊んでくれないときが多いですね。

 

こんな時は、膀胱炎に限らず、かなりの確率で、

病気の可能性が高いというのは、

ご存知かと思います。

 

一日中ぐったりしていたのに、

翌日には、いつものように戻ったりするときは良いのですが、

2.3日ぐったりしているときは、

要注意ですね。

 

そんな時、たいていの場合は、腎臓や内臓の調子が悪い場合が多いので、

実際に、膀胱炎の症状を見ていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク






 

 

代表的な膀胱炎の症状

 

では、膀胱炎疑いがある症状を見てみましょう

 

1. 元気が無くて、一日中寝ている

 

膀胱炎の症状01

 

ぐったりとして、一日中寝ている場合は、

病気の症状。

 

いつもなら、声をかければ返事をするのに、

しっぽの返事もあまりしてくれない・・・

 

 

2. 水を飲む回数が増える

 

膀胱炎の症状02.1

 

最近水を飲む回数が増えた場合は、要注意!

 

膀胱炎に限らず、

猫の場合、腎臓の病気にかかったり、

機能低下した場合は、異常に水を飲む回数が増えてきます。

 

こんな場合は、膀胱炎、腎臓病の可能性が高くなります。

 

 

3. おしっこの回数が増える

 

膀胱炎の症状03.1

 

2で説明したように、水を飲む回数が増えれば、

当然、おしっこの回数も増えてきます。

 

いつもなら、トイレでしかおしっこををしない猫ちゃんが、

ベットやソファーなど、違うところでおしっこをしだした場合は、

トイレに行くまで我慢できない場合が多いですね。

 

特にストレスを与えていないのに、

急に違う場所でおしっこをしだした場合は、注意が必要です。

 

 

4. おしっこの姿勢をするが出ない場合

 

膀胱炎の症状04

 

コチラは、膀胱炎特有の症状と言ってもいいですね。

 

 

5. おしっこをするとき痛がる

 

おしっこが出なかったり、痛がったりする場合は、

尿道炎、膀胱炎の確率が高いですね。

炎症を起こしているために、

正常の排泄が行えず、

痛がるということです。

 

 

6. 血尿が出る

 

MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

今まで見てきた症状と、

おしっこの色を見てみて、

少し、赤っぽい、ピンクがかったような色の場合は、

かなり深刻な症状になってきています。

 

すぐに生命の危険はありませんが、

膀胱炎もしくは、尿道炎の症状が悪化してきて、

粘膜にかなりの炎症を起こしています。

 

こんな場合は、猫ちゃん本人もかなり、

排尿時痛いと思いますので、

見ていればわかるかと思います。

 

 

7. しきりに陰部をなめる

 

通常の排泄後には、

ちょろちょろっと、

2.3回ほど舐める猫ちゃんが、

排泄後以外でも、舐めている場合は、

痛かったり、むず痒かったりしています。

 

病気や炎症を起こしてる可能性は高いです。

 

 

8. 嘔吐

 

嘔吐だけでは何とも言えませんが、

そもそも、猫は嘔吐しやすい動物です。

ですが、以前より嘔吐の回数が増えた場合などは、

膀胱炎の他、腎臓病、腸の病気、寄生虫など

内臓の病気の可能性が高いので、

上記の症状と照らし合して考えたほうが良いですね。

 

 

まとめ

 

以上、代表的な症状を見てきましたが、

基本的には、元気がない、いつもとなんか違う

と言うことは、猫暮らしの長い方なら、

すぐにわかる症状だと思います。

 

また、膀胱炎と症状が似ているのは、

腎臓病、膀胱の腫瘍(ガン)、結石などがありますので、

2.3日様子を見て改善しないようでしたら、

動物病院に連れていきましょう。

 

猫暮らしの浅い人は、

以上の症状以外に、

元気がない場合は、

膀胱炎に限らず、何かしらの病気の可能性が高いので、

普段から、よく遊んだりして、気持ちを通じるようにしておくといいですね。

 

次に膀胱炎の治療法について見てみましょう。

 

 

スポンサードリンク


              

2件のコメント

  • りんりん

    犬の膀胱炎の疑いで抗生剤を昨日から使っていますが いつ頃元気になりますか
    12歳のダックスフンドです

    • むむ

      りんりん様

      こんにちは。

      犬も猫も人間も膀胱炎になると、抗生物質を飲んでもすぐには治りません。

      高齢の場合は、慢性化する場合もありますので、もし慢性膀胱炎の場合は、完治まで何年もかかったり、完治したと思っても再発することが良くあります。

      早くて3カ月、遅いと一生付き合うことになりますが、獣医さんの意見を聞いて見るのが一番ですね。

りんりん にコメントする コメントをキャンセル