三毛猫の性格はツンデレが多いって本当?

3857027日本猫の代表の三毛猫

オスの生まれる確率が低く、

雌猫が殆どだから、ツンデレな性格が多いと言われています。

 

実際には、三毛猫の性格はツンデレが多いのでしょうか?

今回は三毛猫の性格について考えてみたいと思います。

			
スポンサードリンク

/center>

三毛猫の一般的な性格は?

 

mike06
出典:http://www.yunphoto.net/

 

一般的な三毛猫の性格は、

かなり気分屋さんで、

プライドが高く、女王様気取り。

フレンドリーで人見知りしませんが、

自分からは、あまり、甘えてこないと言われています。

 

また、気性の荒い一面もあり、

ボス猫に対して、ケンカすることもあるそうです。

 

 

ただ、三毛猫の場合は、雄猫が殆どおらず、

雌猫ばかりなので、

雌猫の性格が三毛猫の性格と言われてしまうこともあります。

 

この中で、雌猫の特徴は、

あまり甘えてこない、マイペースといった、

よく言われる猫っぽい性格のがありますので、

メスの特徴が良く出た性格となることが多いようです。

 

しかし実際に三毛猫を飼っている友人や、

知人に話を聞くと意外とそうでもないことが多いようです。

 

では、実際はどうなんでしょうか。

 

 

スポンサードリンク






 

 

三毛猫の本当の性格は?

 

mike07
出典:http://www.sothei.net/htm/photo/5D2_a0412.htm

 

猫全般に言えることですが、

一番性格を左右するのは、環境だと言われています。

 

私の知人の家では、猫を7匹飼っている方がいます。

 

三毛猫は最近拾ってきたそうです。

 

三毛猫を飼いだして、1年近くなるそうですが、

新入りということや、野良育ちと言うこともあって、

かなり警戒心は強いそうです

 

その反対に、三毛猫1匹のみを飼っている友人は、

かなり甘えん坊でワガママ。

 

そして、女王様気取りの、一般的に言われている、

ツンデレな三毛猫独特の性格が表れているそうです。

 

猫の場合、生まれてから、数週間は兄弟、母猫と一緒に暮らさないと、

社会性が生まれないとも言われています。

 

また、野良ネコで、野良のお母さん猫にある程度育てられると、

人間に対して、警戒心を持つようになります。

 

その警戒心を解くまでに一年以上かかった経験のある方は、

多いかと思います。

 

わが家にも、ロシアンブルーの入った、

野良育ちの猫がいますが、

わが家の人間以外には警戒心が非常に強いです。

そして、他の猫たちとは、今まで、一切仲良くなりませんでした。

 

現在は、他の猫は亡くなってしまい、

我が物顔で、女王様気分で生活しています。

 

『はらへったー』

と、一日中、泣いていることが多いですね。

 

また、さびしがり屋なのか、人がいないと、ずっと鳴いている感じです。

一般的に言われている、グレーの猫の性格とは、

全く違いますね。

 

結局のところ、

何匹で生活しているのか、

飼い主の愛情はどうなのか、

野良育ちなのか、

といった、様々な環境の要因で、

猫は性格が決定づけられることが多いようです。

 

あまり、構いすぎると、ツンデレな性格になりやすく、

逆に、構わないと甘え上手な性格になります。

 

猫好きの方には、お分かりだと思いますが、

毛色に関係なく、殆どの猫は、

十人十色ならぬ、十猫十色の性格ですね。

 

親の教育、飼い主の教育、育った環境・・・

 

これが、一般的に言われる猫の性格になります。

 

 

スポンサードリンク


              

コメントを残す