猫の膀胱炎、治療法と治療費は?

膀胱炎治療01ご自分の家庭の愛猫が膀胱炎の疑いがあった時は、

ビックリしますよね。

 

血尿が出たり、おしっこの時に痛がったり・・・

でも病院で治療してもらうのも、

何となくかわいそうな感じがする方は、

猫暮らしの短い方は感じるかもしれません。

 

治療法は、どうなのか、愛猫に負担はかからないのか、

また、猫の場合、ペット保険に入っていない方は、

治療費も気になります。

 

今回はそんな、愛猫の膀胱炎の治療法と

治療費について見ていきましょう。

			
スポンサードリンク

/center>

猫の膀胱炎の治療法は?

 

膀胱炎治療02

 

一言で、膀胱炎と言っても、原因は様々です。

 

人間の女性が良くかかる、細菌性の膀胱炎から、

原因が不明とされる、特発性膀胱炎と言うものや、

結石からくるものなどさまざまあります。

 

では、具体的に治療法を見ていきましょう。

 

 

スポンサードリンク






 

 

猫の膀胱炎の治療法は?

 

猫の膀胱炎の症状については、

以前ご紹介しましたように、

血尿などの症状が代表的です。

 

詳しくは、

⇒猫の膀胱炎、こんな症状には要注意!!

 

では、病院に行ったとき、膀胱炎の治療法を見てみましょう。

 

 

細菌性膀胱炎

 

膀胱炎治療03

 

こちらの膀胱炎の場合、

動物病院に連れていくと、

まず、尿検査で、炎症の原因となる、

細菌の特定をするために、

尿検査を行います。

 

細菌の特定ができてから、

その細菌に合う、抗生物質をご自宅でエサに混ぜたり、

直接飲ませたりすることで、

治療する方法が代表的です。

 

だいたい、2~3週間で膀胱炎が収まる場合が多いですね。

 

ただ、人間もそうですが、

抗生物質は、

肝臓や、腎臓に負担をかけますので、

抗生物質の長期間の投与は、避けた方が良いです。

 

次に治療費ですが、

診察料・・・約2,000円

尿検査料・・・1,000円

療養食(カリカリ)・・・4,000円

と言う具合が相場のようです。

 

それに、悪化している場合は、

注射費用がなどが掛かりますので、初回では、

10,000円~12,000円ぐらいになるかと思います。

 

その後、はだいたい、三日に1回程度病院に行くかと思いますが、

一回当たり3,000円ぐらいだと考えていいですね。

 

 

結石

 

膀胱炎治療04

 

結石からくる膀胱炎の場合は、

治療費は高額になってきます。

 

抗生物質だけでは無く、

ニコラーゼ→消炎剤

パセトシン→抗生剤

ゼンラーゼ→phを調節するサプリメント

ベサコリン→神経性や精神的な排尿困難の薬

薬剤不明止血剤→トランサミン

 

などの複数の投薬が必要になります。

 

排尿が困難な場合は、カテーテルで排尿を介助したり、

エコー検査も含まれてきます。

 

だいたい、一か月ほどの治療と通院が必要になりますので、

10~15万円ぐらいかかってしまいます。

 

結石だけでは無く、結石からくる膀胱炎や、

尿管閉塞、など他の病気も併発してしまいますので、

完治までは、時間がかかります。

 

 

特発性膀胱炎

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

特発性膀胱炎は先ほどお話ししたように、

原因が特定できているわけではありません。

 

代表的な例では、

ストレス、

先天的な原因(純血種に多い)

肥満、

エサ、

飲み水

など、様々な原因からくるものが多いです。

 

肥満は、やはり、万病のもとですから、

肥満の猫ちゃんには、ダイエット用のカリカリを与えることは肝心です。

 

原因が特定できないので、

投薬で完治したと思われても、

また、再発する場合が多いですね。

 

こんな時は、

獣医さんと相談し、

餌や飲み水、ストレスの原因などを特定していくしかありません。

 

治療費は、細菌性の膀胱炎と同じと考えていいですね。

 

 

まとめ

 

病気になるのは、

必ず原因があるものです。

 

代表的なものは、食事と水、不潔な環境などがあげられます。

 

猫に良かれと思い、

エ○アンなどのヨーロッパの硬水のミネラルウォーターなどは、

ミネラル分が多いために、

結石などの病気にかかりやすくなります。

 

水道水の場合は、

特に都会の方は、塩素分が多いので、

水を入れてすぐに与えずに、

一晩おいてから与えることをした方が良いですね。

 

猫の場合、野生のカンが働きますから、

新鮮な水よりも、金魚などを飼っている水槽の水を

好んだりすることも多いです。

 

このようなことからも、水には気を使った方が良いですね。

 

また、餌やトイレは、清潔にすることも大事です。

 

環境や餌に気を配れば、

重篤な膀胱炎でない場合は、

自然治癒もできますので、

次に猫の膀胱炎の自然治癒について考えてみましょう。

 

 

スポンサードリンク


              

コメントを残す